自動搬送ロボット

Max AMR

Max 自律搬送ロボットを導入することで、生産能力の向上、労働力依存度の低減、生産フローの改善を実現します。自律的な搬出入機能により、マテリアルハンドリングプロセスの接触を減らすこともできます。

Flex自動搬送ロボット

自律的な移動

世界中の企業が、デマンドチェーンとサプライチェーン全体で変化している状況を目の当たりにしています。現在のロジスティクスと生産方法では、多くの企業が新しい機会に適応して活用できないことに気づいています。製造業では人手不足が深刻化し、物流業では適切な人材が見つからないため、施設ではマテリアルハンドリングのニーズの高まりに対応するために十分な人手を確保することができなくなっています。マテリアルの自律的な移動は、これらの問題を解決する鍵のひとつ。

製品のキーポイント

特徴

レーザースキャナー、デプスカメラ、2Dカメラなどを搭載

Maxの移動型ロボットは昇降機能を備えており、従業員の人手介入なしで、ロボットがペイロードとインタラクションできます。

f(x) はFlexロボットを統合して、適切なタイミングで充電

AMR対応のピッキングソリューションの中で最大のペイロードを提供

RFIDスキャナー、プリンター、マルチレベルのワークスペースなどを構成

メリット

360度全方位障害物検知回避機能で、安全性を保証

オンボードUIが作業者のワークフローをガイド

24時間ハンズフリーで使える自律型充電器

高いペイロードにより、Flexがピースとケースのピッキングに適合

多重配置で状況に合わせて選択可能

製品機能のハイライト

昇降機能

Flex 自律搬送ロボットは昇降機能を備えており、従業員の人手介入なしで、ロボットがペイロードとインタラクションできます。既存のシステムとf(x) Fleet Managerを接続することにより、低レベルの意思決定を自動化でき、全体的に少ない接触で作業ができるようになります。

Lifting-Functionality
Obstacle-Avoidance
製品機能のハイライト

360°障害物回避

Flex 自律搬送ロボットは、2Dカメラや3Dカメラなどのビジュアルセンサーから、LiDARスキャナー、慣性計測装置、ホイールエンコーダなど、複数のセンサーがすべて装備されています。Flex移動ロボットを組み合わせることで、サプライチェーン施設内で360度の安全性を確認します。つまり、移動ロボットの艦隊は、複数の部品が動くダイナミックな環境でも、何の困難もなく、安全に対するリスクもなく、稼働できます。

複数の構成

Flex 300
Flex 300-L
Flex-300-LS
Flex-300-1

お気軽にお問い合わせください