自動搬送ロボット

Max L AMR

Max L自律搬送ロボットは、ケースロードやパレットロードの移動に対応する可搬能力を備えています。Max Lロボット艦隊の導入は、ワークフロー能力の向上、フォークリフト移動の減少、関連コストの削減を実現します。

Max 自動搬送ロボット

倉庫の中の力持ち

これまで、ピースロードの商品に対してマテリアルハンドリングをいかに自動化するかが注目されてきましたが、ケースやパレットレベルでのソリューションの必要性についてはほとんど語られてきませんでした。安全性の問題、フォークリフトの運転手の確保、保有在庫の増加など、サプライチェーンにとってこのレベルの移動はますます切実なものとなっています。ForwardXは、ケースピッキングから長距離パレット移動まで、高いペイロードの移動を自動化する柔軟なソリューションの提供を目指しています。安全機能が搭載され、1300~2640ポンドの重量を積載できるMax L AMRは、顧客の施設に必要なパワーハウスとなります。

製品のキーポイント

特徴

レーザースキャナー、デプスカメラ、2Dカメラなどを搭載

Maxの移動型ロボットは昇降機能を備えており、従業員の人手介入なしで、ロボットがペイロードとインタラクションできます。

f(x) はFlexロボットを統合して、適切なタイミングで充電

AMR対応のピッキングソリューションの中で最大のペイロードを提供

RFIDスキャナー、プリンター、マルチレベルのワークスペースなどを構成

メリット

360度全方位障害物検知回避機能で、安全性を保証

オンボードUIが作業者のワークフローをガイド

24時間ハンズフリーで使える自律型充電器

高いペイロードにより、Maxがピースとケースのピッキングに適合

多重配置で状況に合わせて選択可能

製品機能のハイライト

パレットに適合

Eコマースではピースレベルでの操作の必要性が高まっていますが、ケースおよびパレットレベルでのマテリアルハンドリングはまだ残っています。Max Lロボットは、物流に必要なケースピッキングからファーストマイルのパレット搬送まで、ケースやパレットの荷物移動を柔軟に自動化できます。アメリカまたはイギリスのパレットサイズに適合し、ケースピッキングの省力化、生産性向上を実現します。

Suitable-for-Pallets
Obstacle-Avoidance
製品機能のハイライト

360°障害物回避

そのため、Max 自律搬送ロボットは、2Dカメラや3Dカメラなどのビジュアルセンサーから、LiDARスキャナー、慣性計測装置、ホイールエンコーダなど、複数のセンサーがすべて装備されています。Max 移動ロボットを組み合わせることで、サプライチェーン施設内で360度の安全性を確認します。つまり、移動ロボットの艦隊は、複数の部品が動くダイナミックな環境でも、何の困難もなく、安全に対するリスクもなく、稼働できます。

複数の構成

Max 600
Max 600-L
Max 1200
Max 1200-L
Flex-300-1

お気軽にお問い合わせください