ソフトウェア&コントローラ

f(x) Fleet Manager

f(x) Fleet Managerは、主要なソフトウェアプラットフォームであり、既存の倉庫・工場システムおよび視覚的自律移動ロボット「艦隊」のコマンドセンターです。

f(x) Fleet Manager

規模の大きな成果を引き出す

簡単な作業を行うために、複数のロボットを編成することで、価値のある結果をもたらすことができます。しかし、小企業が使用する場合、移動ロボットは潜在的なインテリジェント機器にはなりません。移動ロボットは、規模が大きくなればなるほど、倉庫や工場のあり方を変化させる可能性があります。では、規模化のポイントは何でしょうか。ソフトウェア。

f(x) Fleet Managerを使えば、あなたは1つの施設に数百台のロボットを配置し、従業員たちと一緒に1つの労働力として働くことができます。どうのようにしますか。f(x) Fleet Managerは、人工知能を使用することで、作業を効率的に整理し、ロボットと人の艦隊を編成してその作業を実行します。

使い方

艦隊の編成

f(x) Plusで編成する

f(x) Plusは、顧客の既存の設備管理システムと当社のロボット管理システムとの橋渡しとなります。私たちは、APIを通じて、サプライヤーに関係なく、顧客のシステムと完全に統合することができ、すべての主要なシステムに関する経験を持っています。当社の機械学習アルゴリズムが搭載されているf(x) Plusは、ワークフローデータを継続的に受け取り、どのように、誰が、いつ、どの順番で作業を行うべきか」という最適な決定をするために、処理を行います。同時に、 f(x) Plusはf(x) Coreとコミュニケーションをとり、作業を実施したり、完成した作業をフィードバックしたりしています。

艦隊の制御とフィードバック

f(x) Coreで実行する

f(x) Coreは、タスクの実行とロボットの管理を担当するシステムとして、作業が計画どおりにレッグワークを実行します。その管理および実行機能により、施設地図の設定と管理、タスクの割り当て、最適なルートの計画、移動と順守の管理、タスクステータスの監視、およびエラーの処理が可能になります。f(x) Plus、オペレーター、そしてロボット群と常にコミュニケーションを取りながら、f(x) Coreは結束力のあるロボット展開に欠かせない存在となります。

Flex-300-1

お気軽にお問い合わせください