自動化ソリューション

カート搬送

新型コロナウイルス感染症の時の失業率の低下は、労働力不足を解消していないようです。80万人以上の雇用が失われ、約50万人が回復しただけで、製造業の生産性は依然として問題を抱えています。そのため、既存の作業が生産性を最大化するために、必要な時間、材料、スキルを確保することが非常に重要なのです。

FAのためのカート輸送

自律的なピッキングと荷降ろし

労働力格差の拡大、購買行動の変化、グローバルな物流滞留などに対応しながら、ハイスループット生産を実現するのは至難の業です。AMRに対応するカート輸送は、材料の運搬をより自律的に、より確実に、より安全にします。

信頼性の高い配送

接続されたシステムにより、ピッキングと荷降ろしは時計のように正確に働き始めます。システムと人の間のコミュニケーションは、待ち時間を減らし、結果的に稼働率を高めます。

より安全な環境

ダイナミックな生産・物流環境は、安全上の危険の温床となりがちです。常時稼働する自律型ロボットにより、怪我や設備の破損を回避することができます。

連携された自動化

「引き」生産を実現するために、受注と生産の間で瞬時にコミュニケーションをとることが必要です。システム内のエージェント間の連携により、遅延や利益損失が減少します。

カート輸送

倉庫までから製造ライン

ソリューション

• 製造現場の従業員または機械は、f(x)をトリガーしてタスクを作成、割り当て、ロボットに配布します。
• 倉庫従業員は材料を準備し、材料カートを指定された倉庫のピッキング場所に置きます。
• ロボットがストレージのピッキング場所に運搬し、材料カートにドッキングし、ライン側の荷降ろし場所に運搬します。
• ライン側の荷降ろし場所では、ロボットは材料カートを降ろします。

Deliver-to-Line-O
Transport-WIP-O
カート輸送

ライン間の搬送に

ソリューション

  • 製造現場の従業員や機械はf(x)をトリガーしてタスクを作成、割り当て、ロボットに配布します。そして、工程を完了させ、材料カートをライン側の指定された受け取り場所に運搬します。
  • ロボットがライン側のピッキング場所に運搬し、材料カートにドッキングし、次のライン側の荷降ろし場所に運搬します。
  • ライン側の荷降ろし場所では、ロボットは材料カートを降ろします。
カート輸送

製造ラインから倉庫まで

ソリューション

  • 製造現場の従業員や機械はf(x)をトリガーしてタスクを作成、割り当て、ロボットに配布します。そして、工程を完了させ、材料カートをライン側の指定された受け取り場所に運搬します。
  • ロボットがライン側のピッキング場所に運搬し、材料カートにドッキングし、次のライン側の荷降ろし場所に運搬します
  • 完成品保管庫の荷下ろし場所では、ロボットは材料カートを降ろします。
Deliver-to-Storage-O

モバイルロボットのラインアップ

ソフトウェア&コントローラ

f(x) Fleet Manager

f(x) クラスタースケジューリングは、主要なソフトウェアプラットフォームであり、既存の倉庫・工場システムおよび視覚的自律移動ロボット「フリート」のコマンドセンターです。

  • マテリアルハンドリング操作を完全に制御します。
  • ロボットの「フリート」を任意の次元から制御し、ビジネスニーズに応じてタスクを割り当て、ワークフローのパフォーマンスを追跡できます。
f(x)
Flex-300-1

お気軽にお問い合わせください