Skip to content
ブログ
AMRに投資するための最適な時間(2)
倉庫で単調なタスクを自動化するメリットは明確に証明されています。ただし、いつ移行するかを決めるのは難しいです。ここでは、倉庫におけるAMRのメリット、倉庫が投資に躊躇する理由、そして、この新技術を早期に採用することで倉庫がより多くの利益を得ることができる理由を紹介します。

人手 vs 現在のAMR vs 将来のAMR

マニュアル倉庫は高価な倉庫

以下の3つの例では、雇用労働の平均値は年率10%増となります(2014年以降の増加率の中央値)。また、最も低い、2015年以降の年間平均時給の上昇率が毎年0.50ドルとなります。労働力格差が拡大していると考えられませんが、雇用競争の激化によって今後数年間でさらに大きな賃上げにつながる可能性があります。また、残業代(全国平均より低い週40時間の労働時間)やその他の手当も考えられません。従って、発表された全体的な人件費予測は、10年間の実際の費用より低くなる可能性があります。

10年後、現在10人の従業員を抱える完全マニュアル倉庫は、増大する需要に対応するために830万ドル以上の費用が必要になります。これは、雇用主が必要な労働者を見つけることができることを前提としています。これも計算に一部の人を使用し、すべての労働者がフル稼働していると仮定しているため、コストが僅かに低くなります。従って、12.10人の労働者は2023年に13人目の労働者を必要とします。

現在のAMRで大幅に節約

次の2つの例では、AMRを利用することで、およそ50%の労働力を削減することができます。 必要なAMRの数の計算は、1人あたり約2.5台のロボットに相当します。 マニュアル倉庫の10人は、5人で5 x 2.5台のロボット、または約13台のロボットと同じ生産量になります。どちらの例でも、各ロボットのライフサイクルを通して、最初に購入した後、年間7%のメンテナンス費用が追加されます。 AMRのライフサイクルは通常5〜7年であるため、これらの例では5年ごとに交換用ロボットが追加されます。

この例では、10年間でロボット1台あたり3万ドルの固定費となります。現在の投資の最悪のシナリオを示すために、時間の経過に伴うAMRコストの減少は考慮されていません。

たとえAMRのコストが下がらない場合でも、倉庫は10年間で約264万ドルが節約できます。今後5年間でロボットのコストがある程度下がるとすると、この例では総コストが大幅に下がり、300万ドル( アークインベストの予想通りに、65%が下がれば、総コスト節約がもっと増える)近くの節約になります。

待つ価値ない

最後の例では、実際にAMRが2025年までに楽観的な65%のコスト削減になると仮定しています。これにより、より安価なロボットの投資を待つ倉庫にとって、ベストなシナリオが見えてきます。次に、前の例と同様に、固定費が6年間で11,000ドルなります。

倉庫はAMRのコストがロボット1台あたり約11,000ドルに下がるのを待ち、2025年に投資すると、マニュアル倉庫より10年間で約263万ドル節約できます。 それにしても、現在のAMRを導入するという最悪のシナリオより、節約額が10,000ドル少なくなります。この差は、コストが全く下がらない場合は最大100万ドル、これらの予測されるAMRコスト削減が前の例に反映されている場合は約75万ドルとなります。実際の結果は、AMRが時間の経過とともに何らかの割合で安くなると仮定すれば、この2つの間のどこかになる可能性が高いでしょう。 この倉庫はそれほど節約できないだけでなく、現在投資したどの倉庫よりも経験上4年遅れているのです。

結論

AMRのコスト削減を待っている倉庫は、現在投資する相手に遅れをとりながら、全体的な節約と収益を失うことになるのです。AMRは、正確に定量化することが難しく、大幅に変動するため、特定の例にも反映されていない方法で節約することができます。まず、柔軟性を高めることで、繁忙期におけて残業代やアルバイト採用の必要性を減らすことができます。 次に、精度を高め、在庫を可視化することで、売上の損失を減らすことができます。また、従業員の安全性を高めることで、怪我や病気による休業日数を減らすことができます。さらに、また、研修費用や医療費など、従業員の賃金に反映されない他のコストも削減できます。

その成果は、次から次へと出てくる導入事例によって証明されています。 AMRが提供する膨大な節約を見逃すことなく、後れを取らないように。AMRに投資する最適なタイミングは現在。

Flex-300-1

お気軽にお問い合わせください