Skip to content
ブログ
EC物流業界への答え
EC業界の成長とともに、注文も増加していきます。従来の物流倉庫は対応できないため、デジタル化に変化しなければなりません。

コマース

 Eコマースあるいは電子商取引(イーコマース、英語で e-commerceあるいはelectronic commerce 、略語でEC)とは、ネットワーク上での電子的な情報通信によって、商品やサービスを売買したり、分配したりするということです。「イートレード」とも言い、消費者側からは「ネットショッピング」とも呼ばれています。 

 今はもはや、ネットでショッピングするのは当たり前の時代。いつでも、どこでも、商品を選んで購入できる便利なネットショッピングは、着実に私たちの生活に根差していきます。この20年間、インターネットによるEコマースはあらゆるものを販売するようになり、人々の消費習慣が変わってきました。

 日本国内でのEC市場規模は年々拡大傾向にあります。2019年に経済産業省が発表したデータによると、2018年でBtoC-EC市場規模は17兆9,845億円で、前年比108.96%、2010年以降、常に前年比プラス5%以上の成長を続けています。国内のあらゆる販売形態の中で、EC販売が占める割合を示すEC化率は6.22%でした。

 去年、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、極めて短期間のうちに、Eコマースに対するニーズの急増が引き起こされます。

EC物流

 物流業界では、オンライン注文の需要の増加に対応し、オンライン注文に伴う運用の複雑さに対処し、消費者と直接向き合い、そして商品を目的地にタイムリーかつ正確に配達する必要があります。 そのため、より効率的なソリューションを提供することでのみ、物流企業は成功を収めることができます。  

 かつて、急進的な新興IT企業の戦場だったロボティクス分野は最近、工場や倉庫、Eコマースの配送センター(FC)といった環境で、人間とAMR(自律型移動ロボット)との統合または協働が実現できるように取り込んでいる傾向にあります。

見過ごしてはいけない問題

 身体的負担。物流センターの庫内作業に携わる従業員の離職理由を調査したところ、重労働による腰痛など、大きな身体的負担が理由の一つであることが分かりました。このため、作業負担の軽減や庫内作業の生産性向上を目的にAMRを導入するのは必要になります。

 職場での熱中症。2020年に厚生労働省が発表した「職場における熱中症による死傷者数の推移」によると、死亡者及び休業4日以上の業務上疾病者の数は、 959人となったことが分かります。そのうち、死亡者数は 22 人となっています。記録的な猛暑となった 2018 年と比べ、死傷者数、死亡者数とも減少となりましたが、死傷者数については、 2019年を上回りました。 過去10年間(2011~2020年)の発生状況をみると、年平均で死傷者数625人、死亡者数21人となっており、直近3か年における死傷者数は、過去10年間の47.4%を占めていました。

AMRの導入により、これまでの状況を緩和

現在、ECなどの分野において、生産性と効率の低下、人手不足や注文エラーの頻繫などの様々な問題に応じて、人々はより効果的なソリューションを求めています。新型コロナウイルス感染症による影響で、この状況は更に深刻になっています。AMR(自律走行搬送ロボット)はその答えの一つ。フォーワードエックス(ForwardX)のAMRの導入により、これまでの状況を緩和することができます。

  • 生産性:UPH を 200%-300% 増加

 フォーワードエックス(ForwardX)のソリューションは、ワークフローを統合することにより、時間の無駄を減らし、時間当たりのタスクの完成度を高めるため、生産性指標を顕著に向上させます。ピッカーの1時間当たりのピッキング量を 300%増加するため、繁忙期にも効率よく対応できるようになります。

  • 効率:走行時間を 60%短縮

 AMRの協業により、作業員はピッキング位置への到着、適切な梱包作業台や集合エリアの選定及び注文の正確性のチェックにかかる時間を大幅に短縮し、同じか少ない時間でより多くの作業を完成することができます。

  • 精度:エラー率がを90%削減

 フォーワードエックス(ForwardX)の f(x) フリートマネージメントシステムは、従来のピッキング手順と違い、タスクを直接作業員にタスクを割り当てたり、適時に調整したりすることにより、お客様のニーズに応えます。注文の精度を99.9% に向上させることができます。これは物流・倉庫業にとって直接的な効率の向上と言えます。

  • コスト削減:人件費を 50% 削減

 反復的なワークフローを自動化することで、従業員を再教育し、より価値のある作業を完成するようになり、従業員の満足度の向上にも繋がります。そして、自動化されている設備を利用し、煩雑かつ危険な作業を完了することで、従業員の安全を確保することができます。さらに、人材の流出を減少し、採用上のストレスを緩和すると同時に、トレーニングのコストを削減することができます。

Flex-300-1

お気軽にお問い合わせください